レジと店員

POSレジを導入して売り上げアップにつなげよう

会計

お店で買い物をするときに、レジで会計を行います。POSレジとは、購入代金など、お金のやり取りをした時点での、販売情報管理システムがついているレジのことです。いつ、どの商品がいくらで、どのくらい売れたのかというデータが蓄積されていくので、今後の売り上げアップや予測につなげることができます。もともとは小売りチェーン店などで活用されていましたが、最近は小規模な店舗でもPOSレジの導入が増えています。
とりわけ、飲食POSレジを導入することで、どのようなメニューがどのような時期に人気なのか、大量のデータが蓄積されます。全体の売上金額の把握も、正確で楽にできます。単なるレジを使用している時のような打ち間違いや、時間がかかるといった問題点を克服できます。
小規模な飲食店であっても、POSレジによってデータを正確に集め、顧客層の分析や、新しいメニューや商品の開発に役立てることが、今後の経営のためには必要になってきます。単に良い商品をそろえて用意しているだけでは、なかなか生き残りが厳しいことかと思います。POSレジの機能を使うことで、今後の経営の改善点が見えるようになります。飲食POSレジを導入して、そのメリットを活用していきましょう。

飲食店向けのPOSレジを導入しよう

すでに飲食店を経営している方や、これから飲食店を開業しようとしている方であれば、お金の管理は重要な課題です。近年導入が増えているPOSレジは、ぜひ検討したいシステムです。
飲食店でPOSレジを導入することで、正確な売り上げデータを積み重ねることが可能となりますし、日別・月別の売上データから今後のサービスの改善点を洗いだすこともできます。お客様によって注文していただくセルフオーダー機能があるPOSレジを使えば、注文のタイミングを逃すことを防ぎ、スタッフの手間も減らせます。
飲食店向けの飲食POSレジも多く開発されているので、ぜひお店にあったタイプを選びましょう。選ぶコツとしては、欲しい機能をはっきりさせておくことが大切です。その上で、予算とのバランスを取りましょう。POSレジ導入のための初期費用、月々のランニングコストなど、けっこうお金がかかります。またバーコードリーダーなどの周辺機器も含めて、予算を考える必要があります。
POSレジを提供している業者のサポート体制も重要です。導入した後のトラブルや不具合などに対応してくれるサポートがどんな内容なのかもしっかりチェックしておきましょう。せっかく導入するのですから、お店に合ったタイプをしっかり選びましょう。

POSレジを導入して売上改善や売上アップにつなげよう

飲食店では、リアルタイムの集客状況や売り上げ状況というのが重要な指標となる場合が多いです。集客や売り上げ状況を把握してお客さんの呼び込みを強化したり、人員を調節するために飲食POSレジを導入し、リアルタイムでの集客状況などを把握しましょう。
POSレジとは、来店したお客さんと金銭やりとりをし、その時点での販売情報を蓄積し、管理する機能があるレジのことをPOSレジと言います。ネットワーク上で繋がっているレジの販売情報を収集し、その日の情報を蓄積して分析することで店舗の売上改善をはかることがPOSレジを導入することで可能となります。
商品ごとの売上状況や、時間帯別の来店者数なども調べることが出来るので、売上が思わしくない商品を改善したり、来客数が減少してしまう時間の有効活用の仕方を提案したりすれば、店舗の利益につながります。
POSレジを導入すれば、業務の効率化が可能となるばかりではなく、データ収集をして分析し、マーケティングが行えて、不正防止や商品の打ち間違いやミスを減らせて、売り上げの一元管理も行えるという優れた機能がたくさんあります。
POSレジを導入して売上戦略を立ててみたり、売上改善をしてみてください。きっといい結果が得られるでしょう。


飲食店では毎日変わる「おすすめ」、それをposレジを使えば簡単に変更・共有ができます!さらにメニューの取り消しも3種類の取り消しパターンを搭載しています!

POSレジを導入して効率よいお店へ

商品管理

スーパーやコンビニ、飲食店などのお店には、一般的にはレジが置いてあります。店員さんとお客さんが金銭を受け渡しするための機械で、バーコードで商品を読み取ったり、レシートが出たりと昔に比べると便利になってきました。ですが、それをもっと便利に効率化した、POSレジというものが最近よく見られます。POSレジは、販売情報を管理するシステムがあり、何時にどの商品が売れたなどの情報がわかるため、今後の在庫管理を改善するために役立ちます。さらに金銭のやりとりの時点で情報登録されるため、従業員の不正防止になり、金額の計算違いなども大幅に減少します。そのため業務の効率…

POSレジを導入するメリットとは何か

タブレット

POSレジを導入するメリットの前にまずPOSレジについて知っておく必要があります。POSとは販売した時点という意味で、すぐに売り上げに関するデータを知る事が出来るレジの事を言います。これを飲食POSレジとして導入すれば知りたい時にどのメニューが売れているのかすぐに知る事が出来ます。商売をする場合に売れ筋や逆に売れていないものをすぐに知る事で販売機会を逃さないようにする事が可能となりますし、必要のないものはすぐに消す事が出来ます。飲食店でPOSレジを導入するメリットはいくつかありますが、まずレジ締めの作業を自動で行なってくれる点です。レジ作業が簡素化…

POSレジの原価計算機能で適正な提供価格を設定しよう!

レジの中のお金

飲食店の経営者の方で、売り上げや損益分岐点の計算を行い、サービスの提供価格を設定していますか?客入りは好調で売上が安定しているものの、経常利益がイマイチ伸びない、即ちは赤字になったりしていませんか?そのような問題を高機能な飲食POSレジを導入して解決してみませんか?損益の問題は、原価計算と提供価格のアンバランス差に問題である可能性があります。POSレジは、業務効率の向上のほかに管理業務にかける時間を減らすだけに留まりません。原価計算は、簿記知識だけでなく経験やノウハウが必要なものであり、提供価格が低すぎると利益率が悪くなります。しかし、PO…

客席の滞在時間を管理するならタブレットPOSレジを活用しよう!

レジのボタン

飲食店において、飲み放題や食べ放題といったプランを提供している際、必ず必要なのが客席の滞在時間管理です。しかし、ホールスタッフが滞在可能時間を過ぎる前に案内しても退席してくれない、ラストオーダー時間を過ぎても無理やり注文しトラブルに発展するといったこともあります。ですが、飲食POSレジを導入し、タブレットで滞在時間の管理を行えば客席の回転率アップやトラブルを防ぐことができます。タブレットPOSレジの強みは、セルフオーダーを採用できることにあります。セルフオーダーであればラストオーダー時間を過ぎている場合でもスタッフに無理な注文を行うことがあ…